技術・ソリューション

省エネ、省CO2、快適空調など最適な技術・ソリューションをご提供します。

ZEBへの取り組み

ZEBとは

Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の略称で、「ゼブ」と呼びます。快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の⼀次エネルギーの収⽀をゼロにすることを⽬指した建物のことです。

建物の中では⼈が活動しているため、エネルギー消費量を完全にゼロにすることはできませんが、省エネによって使うエネルギーをへらし、創エネによって使う分のエネルギーをつくることで、エネルギー消費量を正味(ネット)でゼロにすることができます。

ZEBとは
出典:ZEBとは︖|環境省「ZEB PORTAL - ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ゼブ)ポータル」
http://www.env.go.jp/earth/zeb/about/index.html
を加⼯して作成

ZEBランクの要件

※ZEB Orientedの⼀次エネルギー消費量削減率は建物⽤途別に定める。
定量的な定義 『ZEB』 Nearly ZEB ZEB Ready ZEB Oriented
基準値からの
⼀次エネルギー
消費量削減率
省エネのみ 50%以上 50%以上 50%以上 30%以上 または 40%以上※
省エネ+再エネ
(創エネ)
100%以上 75%以上 - -
その他の要件 - - - ・延⾯積10,000m2以上
・未評価技術の導⼊

省エネ建築物 設計・施⼯実績

株式会社ヤマト第3別館

第3別館
第3別館第3別館
敷地⾯積
:11,497.87m2
⽤ 途
:事務所、⼀部⾃動⾞⾞庫
階 数
:地上2階建
構 造
:S造
延床⾯積
:3,236.48m2
竣 ⼯
:2020年8⽉(予定)
B E I 値
:0.39
BELS評価
:★★★★★

※ BEI値、BELS評価、ZEBランクは所定の計算様式(WEBPRO エネルギー消費性能計算プログラム)によって算出された数値に基づいた評価である。

ZEBランクNearly ZEB

ZEBに限りなく近い建築物として、ZEB Readyの要件を満たしつつ、再⽣可能エネルギーにより年間の⼀次エネルギー消費量をゼロに近付けた建築物。

《削減率》

※創エネ削減率27%は太陽光(50kW)発電分による。
省エネ 50%
創エネ 27%
合計 77%

第3別館について

ヤマト第3別館は、お客様に満⾜していただける提案・設計のさらなる早期提供を実現するべく新設された、⾃社の第3オフィス棟です。
ZEB化の他、オフィスのワンフロアー化や、従業員の健康・安全を考慮したデザインを取り⼊れ、快適な空間を維持しつつ環境負荷の低減を⽬指しました。
第3別館の運⽤により、業務のフロントローディングの効率化や⽣産システムの価値観の共有が可能となり、建設プロセス全体の⽣産性向上が期待されます。
また、環境負荷が低く快適な執務空間は、社員同⼠のコミュニケーションを活発化させ、お客様⽬線の新しい価値創造への貢献に繋がるものと考えています。

第3別館

メインコンセプト
建設⽣産プロセスを実現する為の「5C」

  • Connect - 連携
  • Communication - 意思伝達
  • Change - 変化
  • Create - 創造
  • Challenge - 挑戦

建物コンセプト
ZEB

  • 外⽪性能の向上
  • 省エネ技術の導⼊
  • 再エネ・創エネの活⽤

デザインコンセプト
快適性の向上

  • コミュニケーションの誘発
  • 創造性を豊かにする
  • メンタルヘルスの向上

設計仕様

仕様

省エネルギー性能

スペシャルコンテンツ Special Contents

  • ヤマトPR誌 和's YAMATO
  • 自然との共生を目指す癒しのビオトープ園 YAMATO Biotope Garden
  • ヤマトネイチャーサークル YAMATO Nature Circle